2006年06月27日

MacBook(キーバインドにこだわる)

 CotEditorを使うにあたって、キーバインドを定義してみた。
 Cocoaアプリの場合は、下記のファイルにキーバインド情報を記述することで、キーバインドの定義ができる。

 「~/Library/KeyBindings/DefaultKeyBinding.dict」

 尚、ここで定義したキーバインドは、Cocoaアプリ全てで有効になる。すなわち、MacOSXに標準添付のMailやSafariでも有効になるというものである。これは、便利!!
 記述は、プロパティーエディターを使ってXML書式で記述するか、又は下記のようなテキスト記述も可能である。
 尚、GUIで設定するツール「KeyBindingsEditor(KBE)」 も便利である。このツールで設定した場合は、XML型式で記録される。

{
"^s" = "moveBackward:";
"^d" = "moveForward:";
"^e" = "moveUp:";
"^x" = "moveDown:";
"^r" = "pageUp:";
"^c" = "pageDown:";

"^m" = "insertNewline:";
"^i" = "insertTab:";
"^h" = "deleteBackward:";
"^d" = "deleteForward:";
}

 ちなみに私は、ワードスターライクなダイアモンドカーソルによるカーソル移動が好みである。MacOSXでのCocoaでは、emacs流のキーバインドがデフォルトになっているようなので、これを機会に手を慣らそうかとも思ったのだが、どうも馴染めない。
 だけども、自由にカスタマイズできるのということなのでありがたい。

※関連記事
 □Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(1)
 □Cocoaアプリのキーバインドにこだわる(2)
 □Cocoa アプリケーションのキーバインド
 □NSResponder Class Reference
タグ:Mac

posted by よこ at 21:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | Tips(FAQ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近,このような有益な記事(ブログ)があることを知りました。
非常に有り難いです。
早速やってみました。Tigerでできました。
ただし,Office2008 for MacのWordでは効きませんでしたが。
それでも他のエディタやMailで利用できるのは大変嬉しいです。文字入力の快適さが全く違います。
ありがとうございました。
Posted by at 2008年10月15日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。