2005年11月13日

mac mini の電源スイッチ

mac mini の電源スイッチは、背面の押しにくい位置にあります。
どうやら、mac mini では、電源スイッチはあまり使わずに、スリープさせて使ってくれということらしいです。
これまで使ったWindowsマシンでは、サスペンドとかスリープモードは、いまいち信用できなかったので、mac miniでも、いつもきちんと終了させて、押しにくい位置にある電源スイッチを使って起動しておりました。

それで、某雑誌の西川さんの記事に、mac mini で2ヶ月間電源を入れっぱなしでも快調という事が書いてあったので、試しに、スリープモードを使ってみたところ、これがなかなか快適です。
mac mini は動作中でも、とても静かなので、スリープモードに入っても、もちろん静かです。いちばん、気になる安定性ですが、1週間くらい使ってみましたが、全く問題ありません快調です。
それよりも、スリープモードからの復帰が、わずか数秒ですので、パソコンを使おうと思った時に、すぐに使い始めるので、便利です。

mac mini の全面には、青色のLEDランプがあるのですが、スリープモード中は、ゆっくりと暗くなって明るくなるのを繰り返します。まるで、“いびき”をかいているようです。

でも、スリープ中の表示しか意味がないので、できればHDDのアクセス表示と兼用して欲しかったです。


タグ:MacBook

posted by yoko at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac本体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。