2009年07月04日

iPhone 3GSとの家内での無線LAN接続

私の家では、全ての部屋にイーサネットのLANケーブルが引っ張ってあるので、無線LANはあんまり使っていなかったのですが、今回iPhone 3GSを買ったので、押し入れにしまってあった、BUFFALOの昔の無線LAN親局を引っ張りだして使っていました。

ちゃんと認識して使えてはいたのですが、どうもiPhoneをスリープして3時間位した後で再認識が必要だったり、電波の飛びも悪く隣の部屋では使えないなど不便を感じてました。再認識しないのは、DHCPなどの設定が悪いのかとも思ったのですが、そうでもなさそうです。
iPhoneを使っている知り合いにも聞いたところ、いつもスリープ後はちゃんと認識するよ?って事で、これを機会に、無線LAN親局を更新してみる事にしました。

調べたところ、BUFFALO WZR-HP-G300NH が良さそうなので、早速、入手して使ってみました。
それで、一番の問題であった、スリープ後に再認識しない現象は改善しました。やっぱり昔の親局が悪かったみたいですね。
電波の飛びも、ハイパワータイプとの事で、2階の部屋の端においていますが、1階でも家中どこでも電波状況十分で快適に繋がります。

この親局は、USBポートもついていて、HDDをつけるとデータ共有やメディアサーバになったりします。あと、「BitTorrent(ビットトレント)」のクライアントソフトを親機本体に搭載してたりと面白いです。価格は約一万円程度です。

家中どこでも電波が届くようになったのは、便利になりました。ついでに、1000BaseTの4ポートHUB代わりにもなるので、今まで使っていたHUBは不要になりました(^_^)。

BUFFALO 無線LANルータ AirStation Nfiniti ハイパワー WZR-HP-G300NH
BUFFALO 無線LANルータ AirStation Nfiniti ハイパワー WZR-HP-G300NH
バッファロー 2009-04-01
売り上げランキング : 62

おすすめ平均 star
star魅力的な商品と感じます。
star超強力な無線LAN
star安い、早い、昨日も充実

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓楽天で購入↓
BUFFALO WZR-HP-G300NH



posted by yoko at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。